栄養学講師が綴る雑記

[体質改善・健康・ダイエット・美容・サプリの有用性・おすすめ]をテーマにご紹介しています。

【栄養学と糖質・炭水化物】美味しいものの90%は糖と脂質でできているw

こんにちは栄養学の講師もやってる しろこ です。

糖質・炭水化物の摂りすぎによるデメリットをご紹介していきます。

ブログに使用している写真なのですが

しろこが自分の講座で話をする際のKeynoteのスクショなので

今回の写真は少々見づらいですが、ご了承ください。

 

 

糖質吸収の流れ

血液中のブドウ糖の吸収速度を表す[GI値/ジーアイ値]という言葉があります。

近年では[GL値/ジーエル値]での考え方もありますが

今回は分かりやすく[GI値]でご説明します。

血液中の糖質をエネルギーに変換しているのが[インスリン]というホルモンです。

各食べ物の[GI値]を車の速度 と仮定します。

ホルモン[インスリン]を交通整理のおじさん と仮定します。

 

ゆっくり交通誘導

 

f:id:shirococco:20190603151621j:plain

[GI値]の低い『お粥』や『赤飯』『そば』『春雨』など

速度の遅い車が、走っている時は交通整理の[インスリン]も通常業務をします。

GI値の低いダイエット食と呼ばれる糖を”もぐもぐ”ゆっくり食べてる感じです。

 

暴走車が押し寄せました

f:id:shirococco:20190603151600j:plain

[GI値]の高い食べ物をガツガツ食べ

交通整理の[インスリン]が手に負えなくなり血中に停滞してしまいます。

これを『高血糖症』といいます。

 

おじさん、仲間を呼びます

f:id:shirococco:20190603151648j:plain

これは大変だと[インスリン]は大量に仲間を呼びます。

[インスリン]がわらわらと集まってきて一斉に交通整理をはじめます。

 

おじさん、めんどくさくなります

f:id:shirococco:20190603151710j:plain

なかなか事が収まらないと[インスリン]は『めんどくさくなって』

車たちを一斉に捨て始めます。

エネルギーに変換できなかった車[糖質]の捨てる先は直接『身体』です。

つまり、余分な糖質が肥満の元になる瞬間です。

 

 この異常状態を『低血糖症』といいます。

この状態で[インスリン]を過度に働かせすぎると

[インスリン]がボイコットしていなくなったり、働かなくなり

『糖尿病』という病気になります。

 

余分な糖質の行きつく先 

f:id:shirococco:20190603151723j:plain

[インスリン]に捨てられた余分な糖質はタンパク質と結びつきます。

AGEs(最終糖化生成物質)というものになります。

[老化]を早め、[生活習慣病]の原因になります。

糖質による糖化を身体が焦げる。という表現をしています。

 

まとめ

ダイエット、生活習慣病、体質改善等々に非常に効果のある糖質制限です。

偏った食生活、暴飲暴食は全く良いことありません。

 

 

この記事は栄養学講師の しろこ が

体質改善、健康、ダイエット、サプリのおすすめをテーマにご紹介しています。

f:id:shirococco:20190623190659j:plain