栄養学講師が綴る雑記

[体質改善・健康・ダイエット・美容・サプリの有用性・おすすめ]をテーマにご紹介しています。

意外と知らない【良い油でダイエット】身体の20%は脂質です

栄養学の講師もやってる しろこ です。

皆さん誤解が多い[脂質]についてご紹介していきます。

 

 

身体の20%は油でできています

f:id:shirococco:20190526083150p:plain

身体の60%は水分でできています。

残り40%の半分、20%は脂質でできています

逆に言うと、油も身体には大変重要なパーツであり

日々、摂取(入れ替え)が必要な栄養素であるということです。

 

太る油、太らない油 資質の種類 

f:id:shirococco:20190526083103p:plain

1つずつご説明していきます。

 

摂って良い油と悪い油

食用の油だけに焦点をあててお話しします。

f:id:shirococco:20190531131624j:plain

「魚の油は良い」聞いたことあると思います。

これは、魚の体温に起因します。冷た~い水の中でも元気に泳ぐお魚さん

その身体にある脂質は0℃に近くてもサラサラです。

もちろん常温でもサラサラしています。

36度の人間の体内ではさらにサラサラです。

身体に非常に良い栄養素となります。

逆に「家畜の油」はどうでしょう。鳥、牛、豚の体温は人間より高温です。

常温では固体化します。

36度の人間の体内では固まることはなくとも、ドロドロです。

この常温で固まる油を[飽和脂肪酸]といい

体質改善、美容、ダイエットには最大の天敵です。

 

高価な油と安価な油

f:id:shirococco:20190526083125p:plain

常温で液体である[不飽和脂肪酸]の中でも良し悪しがあります。

良い油として、先ほども紹介した

魚の油やしそ油と呼ばれる αリノレン酸 [DHA]や[EPA]などです。

これは必須脂肪酸の中でも特に良質の油です。

非必須脂肪酸の中ではオリーブオイル等が良質な部類になります。

この『必須』というのは、人間の身体が必要としているのに

体内で生成できないもにの総称です。

例えば、必須アミノ酸と非必須アミノ酸という言葉を耳にしたことが

あるかと思います。必須アミノ酸は身体で生成できないアミノ酸ということです。

安価な油は、スーパーなどでお求めやすい価格で並んでいるリノール酸のものです。

よほどの高級料理店でない限り大抵はリノール酸を使用しています。

是非とも、ご自宅で使用する油は少し効果ですがキャノーラ油などのオレイン酸の油をおすすめします。

 

本当に美味しくて健康な油

f:id:shirococco:20190531184106j:plain

ここではメーカー名は紹介しませんが、本当に美味しい油は

各脂質の配分バランスが良く

ご飯にかけて醤油をかけると【濃厚な玉子かけごはん】の味がします。

もちろん超ヘルシーで、直接飲んでも大丈夫です。

 

まとめ

脂質を摂取することがダイエットの敵ではありません。

摂取しなければいけない大切な栄養素です。

良質な脂質を摂取することで

身体の代謝を上げることができます。

代謝を上げることで体質改善、健康、美容へと繋がります。

f:id:shirococco:20190526083135p:plain

この記事は栄養学講師の しろこ が

体質改善、健康、ダイエット、サプリのおすすめをテーマにご紹介しています。

f:id:shirococco:20190623190659j:plain